社会福祉法人アシリカ / 多機能型通所施設 はばたき

About Ashirika

当法人について

社会福祉法人アシリカは、どんなに障がいが重い方へも在宅生活継続への支援を行う事を方針としております。
一人ひとりの個性を大切にしながら、安定した健やかな生活が送れるように精一杯支援してまいります。

基本理念 Basic Principle
社会福祉法人アシリカ  基本理念
代表 あいさつ Greeting From The President
理事長就任にあたって

 この度、6月24日の理事会において、宝力百合子が退任され、その後任として私が理事長に選任されました。選任された以上は、法人の運営、社会福祉の増進に最善を尽くしたいと思います。前任者同様皆様方のご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

社会福祉法人アシリカは、平成20年心身に重度の障害を持った子の親たちが、安心して通える施設をと願い、法人を設立し平成21年多機能型通所施設はばたきを開設しました。以来13年在宅生活を送る重度心身障害者の拠点として事業を展開してまいりました。

当法人の理念として「どんなに障害が重くても、安心して通える施設。一人ひとりをかけがえのない個人として尊重し、個々人のニーズに応え、質の高い支援を目指す」と謳っております。幸い、現在勤務する職員はこの理念の下、利用者の方々のニーズに応え、より豊かな生活が送れるようにと保護者と協同し、支援に取り組んでおります。

当法人では、次へのステップとして、保護者の高齢化と利用者の加齢に伴い、安心・快適で豊かな社会生活を送ることができるように、日中支援型グループホーム(定員20名内2名短期入所)を建設中です。法人にとって膨大な資金確保と、人材確保を必要とする重要な時となっております。地域に必要とされ、地域と共に歩む福祉法人・施設をめざしより一層努めていく所存です。

最後に、利用者様、保護者の皆様、地域の皆様のご支援、関係機関のご指導をお願い申し上げます。

理事長 井川 哲雄
理事長 井川 哲雄
沿革 History Of Ashirika
2006年 07/20 「釧路市肢体不自由者父母の会」、「萌の会」、「釧路町のぞみの会」、「釧根地区重症心身障がい児者を守る会」の4団体に所属する親が発起人会を発足
2007年 02/11 法人名を「アシリカ」、施設(事業所)名を「はばたき」とする
04/23 釧路市鳥取南7丁目2番の市有地を建設用地とする
2008年 10/07 社会福祉法人「アシリカ」の認可
10/16 理事長に「宝力 百合子」氏を選出、理事10名、評議員21名、監事2名を選出
12/16 はばたき庁舎建設工事着工(建設費:107,000,000円)
2009年 01/26 釧路市より土地購入(24,364,030円)
02/12 国、道の交付金決定(76,600,000円)
03/30 竣工
04/01 多機能型通所施設 「はばたき」開設
(定員・・・生活介護:24名、就労継続支援(A型):10名、就労移行支援:6名、短期入所:5名)
2015年 03/31 就労移行支援事業廃止、就労継続支援(A型)の定員を16名へ変更
2021年 09/30 就労継続支援A型廃止
2021年 10/01 就労継続支援B型事業開始(定員16名)